【鳩よけして健康を守る!】怖い鳩の菌やウイルス

実は鳩には色々な病原菌がいる!

色々なところで見る鳩。橋の下、立体駐車場など場所は様々です。そのため、多くの菌を持っているといわれています。その菌の種類たくさんで、場合によっては死に至る菌やウイルスなどを保有しています。そんな怖い鳩をもっと詳しく知り、鳩から生活を守りましょう。

業者に依頼した方が良いとされるレベル

はと

休憩場と待機鳩

共に依頼レベルはまだまだです。休憩するための場所、巣作りのための待機場所として選ばれているなら注意してみる程度です。自分で対処する範囲内としておきましょう。

ねぐら鳩

ねぐらとして居座っている場合は依頼レベル強と言えます。そうなると夜も滞在して、騒音問題にも発展するためそれも危険です。それに自分でおこなう鳩対策も生半可なことでは効果が現れなくなります。こうなると業者依頼するほうが良いです。

巣作り鳩

業者依頼レベルマックスと言えるのが巣作り鳩。巣があると帰巣本能でその場から動かなくなります。かなりの大問題になります。そうなると糞や騒音問題はもちろん、多くの菌の繁殖にもなります。勝手に巣を移動させたり、卵を壊したりすると鳥獣保護法の違反行為になるため専門知識が必要となるレベルになります。

【鳩よけして健康を守る!】怖い鳩の菌やウイルス

作業員

怖い菌やウイルスが多い鳩

怖い菌やウイルスという言葉を聞くだけで、鳩に近づきたくありません。鳩が持っている代表的な菌の種類について紹介しましょう。食中毒の原因となるサルモネラ菌、乾燥した糞を吸い込むことで起きる肺炎のもとになる真菌類、胎児に悪影響を与える原因と言われるトキソプラズマなどです。

鳩

鳩から身を守る術とは!

守る術は、鳩が住みづらい環境を作ることです。その方法としては、良く鳩が止まる手すりに鳩よけスプレーを散布したり、鳥よけネットを利用して生活圏内の侵入を防いだりということになります。しかしそれらは効果があるといえばありますが、持続する力は少ないとされています。

被害拡大前に必ず業者に依頼しよう!

自分で鳩対策をするには、多くの費用が掛かります。そのため費用を掛けても効果が得られないと意味がありません。そんな悲しいことが起きる前に専門鳩よけ業者に依頼することが大事ですね。

広告募集中